医療法人医誠会 医誠会病院
Home > 診療部門のご紹介 > 消化器外科センター

消化器外科センター

消化器外科センターの特徴と診療内容

医師紹介

院長補佐
蓮池 康徳
センター長
谷川 隆彦
部長
秋山 洋介、 樋口 一郎
医長
石川 彰、 森 至弘、 細見 早苗
PET-CT装置 マルチスライスCT装置 リニアック装置 外来科学療法室

当院は日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化管学会、大腸肛門病学会、消化器内視鏡学会の認定施設です。当センターでは消化器外科領域(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵臓)において良性疾患はもとより、悪性疾患の手術を中心に診療を行っています。
消化器外科領域の対象疾患は、病気の種類や治療方法が多岐にわたります。このため、当院ではPET-CT、マルチスライスCT、NBI-内視鏡など最新の医療機器を駆使して診断にあたります。その結果をもとに、合同カンファレンスなどで消化器内科、内視鏡センター、放射線科、放射線治療科、リハビリテーション科などと連携を取りながら、質の高い治療を目指しております。

各種診療ガイドラインに準拠した治療方法を基本として、患者さんに納得していただくまで充分に説明を行い、患者さんの状態に応じた無理のないオーダーメイドの治療を心がけています。

医師紹介へ >>

当センターでは5人の経験豊富なスタッフ(外科専門医・指導医、消化器外科専門医・指導医、肝胆膵外科名誉指導医、胃腸科専門医・指導医、食道科認定医、がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医)が、診療にあたります。低侵襲な腹腔鏡下手術を積極的に導入し、進行度によっては血行再建を伴うような拡大手術に至るまで幅広く対応しております。

また手術のみならず化学療法(全身化学療法、肝動注)や放射線療法、がんリハビリテーション等の集学的治療が可能であり、基幹病院(ハイボリュームセンター)に負けない質の高い治療が可能です。地域密着な中規模病院だからこそ、患者さんとの距離が近く、小回りも利き、診断から治療開始までの期間が短いのも当院の強みであります。この規模の病院にはめずらしく、心臓血管センター、脳神経外科、腎臓内科(透析)、糖尿病内科等も充実しており、高齢者や併存疾患を多くおもちの患者さんに対しても十分に対応できる体制にあります。

当院は麻酔科スタッフも充実しており、専門医による安心した麻酔が受けられます。また、当院には病理専門医が常勤しており術中の迅速な病理診断が可能です。

セカンドオピニオンによる対応も可能ですのでいつでもご相談下さい。他院で緩和治療を勧められたものの治療方針について納得できないような患者さんについても、丁寧に対応させていただきます。

【文責 消化器外科センター長 谷川、消化器外科医長 石川】

      
医誠会病院について Tel 06-6326-1121 〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-2-25 メールでのご連絡はこちら メールでのご連絡はこちら 交通案内・地図はこちら
ホロニクスグループ 医誠会病院はホロニクスグループの病院です
ホロニクスグループはTotal Health Care Serviceを通して常に新しい文化を発信しています ホロニクスグループ 在宅医療ホロニクスグループ 介護老人保健施設ホロニクスグループ 透析クリニック ホロニクスグループ ホロニクスグループ 病院