病院長からのメッセージ
医誠会病院 医師募集サイト >病院長メッセージ

病院長メッセージ

平成28年4月1日付けで新病院長の拝命を受けました。
いままで脳神経外科を中心に診療を行ってきましたが、今度は全体をみなければならない立場となり身も心も引き締まる思いです。現状医誠会病院は327床で7:1の看護体制を維持、またICU、HCU、SCUの3つのケアユニットをもち地域の救急を担う重要な役割を果たしています。救急受け入れ数もこの地域で最も多く、JCEPの研修評価をはじめ種々の機構による第3者評価を受けています。

今年度は研修医は基幹2名、大阪市大マッチング4名で1学年目は6名で研修を開始、2年目は基幹2名が研修中です。後期研修でも今年消化器内科に1名入りました。
当院の研修の特徴は、救急搬送患者および手術数が多く、挿管や中心静脈の確保、ICLS、BLS、RRSなどの講習、その他各科の先生の講義、院内の医療安全や感染に関するセミナーなど手技と教育が充実していることがまず挙げられます。指導医に比して研修医の数が少ないのも特徴で、それだけ多くの手技を学び多くの症例にあたれます。

オンオフもはっきりしており、休みは有休含め十分とれるよう体制を整えております。当直なども各自のペースにあわせ割り当てています。
初期研修での当院の目標はまず患者さんを十分評価できること、治療経過など十分把握し、プレゼンテーションもできるようになること、最初の年に少なくとも1回は学会発表をしてもらうなど挙げられます。なによりも患者さんとのコミュニケーションやコメディカルとの協調などを重要視します。
当院でのいろんな科のローテーションを行ううちにこれぞと思う診療科に遭遇することを期待します。

ページの先頭へ