理念・方針
医誠会病院 医師募集サイト > 臨床研修プログラム責任者メッセージ

臨床研修プログラム責任者メッセージ

医者が楽しくなるように

臨床研修プログラム責任者
副院長 消化器センター長 消化器外科部長 蓮池 康徳

はじめまして。General surgeonの蓮池です。
国家試験の難関をクリアされた皆さん!プロのお医者さんになるため、希望に燃えておられることと思います。個々が将来色んな分野で社会の責任あるプロになられるための基礎をつくる初期研修が始まります。
私はそれを手助けする研修プログラム責任者です。

当院は急性期病院です。患者さんの数は大阪でも有数です。そして、脳外科、消化器、救急、循環器をはじめ、優秀な先生方にもめぐまれています。さらに、研修医の皆さんにとっては、少人数制で、希望する科も選択し易い自由度の高いプログラムになっています。その環境を生かし、プロの医師としての基本である患者さんを如何に的確に診て、未来を予測し、治療するかを学んでいただきます。専門の技術は一生の仕事です。

初期研修では満足のいくレベルまではたどりつけないかもしれませんがサポートします。しかし、患者さんを診ることは初期研修でプロになってください。そして、其の診断が正しかったかは患者さんから聞きましょう。複雑にからんだ病気の紐を解きほぐして患者さんが治るとき、先生方は「医者になってよかった、医者は楽しい」と感じられるはずです。  
先生方の初期研修が実り多きものになるように、当院のスタッフ一同、手を携えていく所存です。

ページの先頭へ