医療法人医誠会 医誠会病院
Home > 来院されるみなさま > 入院のご案内 > DPC(診断群分類包括評価制度)について

入院のご案内

DPC(診断群分類包括評価制度)について

DPC制度

医誠会病院は、厚生労働大臣が指定する新しい医療費の定額計算方式「DPC」対象病院として、入院費を疾病別による包括算定により算出しています。
傷病名や手術・処置等の内容に応じてあらかじめ定められた1日当たりの定額入院料のことを「包括診療料」といい、この定額料金には、入院基本料、検査、投薬、注射、画像診断等が含まれています。
定額料金の算定は、患者様の病気、病状をもとに、処置などの診療行為に応じて定められた診断群分類と呼ばれる区分によって、主治医が決定しており、この算定方法を「包括払い方式」と言います。
入院後、病状の経過や治療の内容によって、「診断群分類」が変更になった場合、入院初日にさかのぼって医療費の計算をやり直すため、請求額が変更となります。退院時もしくは退院後に、一括して過不足を調整させていただくことがありますので、あらかじめご了承をお願いいたします。
なお、診断群分類に当てはまらない病状もあり、その際には出来高払い方式による算定となります。 外来診療は従来通り出来高払い方式です。

DPC包括払い方式 出来高払い方式

お薬のご持参について

入院中に院内で処方できないお薬、特にほかの医療機関で処方されたお薬などもあるため、現在服用されているお薬がございましたら、より良い入院療養をお送りいただくため、入院前に入院期間に必要な日数分の処方を受けていただきお持ちください。当院で処方されたお薬も同様にご持参ください。

お持ちいただいたお薬は、入院病棟の看護師にお渡しください。お持ちいただいたお薬は、一旦当院で管理いたしますが、残ったお薬については、退院時に返却いたします。

入院される際は服用しているお薬と共に「お薬手帳」もお持ちくださいますようお願いします。また退院される際、入院中どのような薬を服用していたかを記載することができますので、退院後かかりつけ薬局で薬をもらう際には、この「お薬手帳」を提出するようお願いいたします。それによりかかりつけ薬局の薬剤師さんも入院中の薬がわかり、薬に関する橋渡しとして継続した薬剤管理に役立てることができます。

ご不明な点は、担当医・病棟看護師・病棟薬剤師へ質問をしてください。

医誠会病院について Tel 06-6326-1121 〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-2-25 メールでのご連絡はこちら メールでのご連絡はこちら 交通案内・地図はこちら
ホロニクスグループ 医誠会病院はホロニクスグループの病院です
ホロニクスグループはTotal Health Care Serviceを通して常に新しい文化を発信しています ホロニクスグループ 在宅医療ホロニクスグループ 介護老人保健施設ホロニクスグループ 透析クリニック ホロニクスグループ ホロニクスグループ 病院