医療法人医誠会 医誠会病院
Home > 診療部門のご紹介 > 外来化学療法センター

外来化学療法センター

抗がん剤治療を通院でより快適に、より安全に

金曜日の夜間と土曜日に外来化学療法が受けられます金曜日の夜間と土曜日に外来化学療法が受けられます

医誠会病院外来化学療法センターでは、患者さんががん治療を受けながら、これまでと変わらずお仕事をしたり、日常の生活が送れるよう、外来化学療法を行っています。
外来で化学療法を行うことで患者さんがこれまでの生活をしながら治療を継続でき、経済面の負担も含めて、安心して治療を受けていただくことができます。

外来化学療法の特長

外来化学療法とは?

外来化学療法センターの体制 化学療法とは、全身にくまなく抗がん剤を行き渡らせることにより、がんを治療するものです。
これまでは、入院して治療を行うことが一般的でしたが、最近では新しい有効な抗がん剤の開発や、副作用の軽減などにより、安心して外来で化学療法が受けられるようになりました。

外来化学療法センターの体制

外来化学療法センターの体制外来化学療法センターでは、医師をはじめ、看護師、薬剤師、臨床検査技師、医療事務など多職種からなるチームが、それぞれの専門的な視点から患者さんやご家族の悩みや不安、薬による苦痛をできる限り取り除けるようサポートしています。

医師紹介
谷川 隆彦 (外来化学療法センター 副センター長)
【日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医】

治療中は、看護師が患者さんに対応

治療中は、看護師が患者さんに対応専任の看護師が常駐しています。治療の安全・確実な実施のため、患者さんの体調を問診で確認し、実施中の点滴管理、全身状態の観察、緊急時の対応、医師との連携、受診相談や副作用のセルフケア支援を行い、患者さんの治療に対する不安の軽減に努めています。

専任の薬剤師によるクリーンな環境での調剤

GMPグレードに準拠したクリーンな環境で薬剤師が正確な抗がん剤調剤を行っています。
また、すべての患者さんに服薬指導を行い、体調を確認するとともに、治療に使用する薬に伴う生活上の注意点、副作用発生時の対処法などを説明します。

外来化学療法センターの体制外来化学療法センターの体制

コーディネートナースより患者さん・ご家族のみなさまへ

外来化学療法センターの体制「化学療法をするのがこわい」「副作用がでたらどうしよう」など、がんになって不安になったり、副作用を心配するのは、どの患者さんやご家族も同じです。化学療法室のスタッフは、チームで患者さんの治療が上手く進むためにお手伝いをしたいと考えています。不安なこと、心配なことがあれば、スタッフにお声がけください。ご一緒に一番良い方法を考えていきたいと思います。
また、急な体調変化や不安に思うことがあれば、電話でのご相談も受け付けています。

お問い合わせ・ご相談は地域医療連携室まで

電話:06-6326-1190

医誠会病院について Tel 06-6326-1121 〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-2-25 メールでのご連絡はこちら メールでのご連絡はこちら 交通案内・地図はこちら
ホロニクスグループ 医誠会病院はホロニクスグループの病院です
ホロニクスグループはTotal Health Care Serviceを通して常に新しい文化を発信しています ホロニクスグループ 在宅医療ホロニクスグループ 介護老人保健施設ホロニクスグループ 透析クリニック ホロニクスグループ ホロニクスグループ 病院