医療法人医誠会 医誠会病院
Home > 病院のご紹介 > 令和元年度 医誠会病院 病院指標

令和元年度 医誠会病院 病院指標

令和元年度 病院指標 | 平成30年度 病院指標 | 平成29年度 病院指標 | 平成28年度 病院指標 | 平成27年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 65 256 260 589 807 1231 2247 2666 1092
当院を退院された患者さんの年齢構成を10歳刻みで表しています。年齢は入院時のものとしています。60歳以上の割合が約80%と多く、特に70~80歳代の割合が全体の50%以上を占めており、医療圏内の高齢者医療の一翼を担っています。近隣の介護施設とも密に連携を取っており、とりわけ緊急時の受け入れを積極的に行っています。介護施設から入院される方の90%以上が緊急で入院されています。なお10歳未満の患者さんが少ないのは、現在小児科および産科を標榜していないためです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 520 19.61 20.84 36.35% 83.76
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 なし 定義副傷病なし 298 16.07 12.58 21.81% 80.43
100380xxxxxxxx 体液量減少症 256 10.43 9.13 19.92% 75.69
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし 101 1.72 2.84 0.99% 49.12
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 96 2.43 3.52 2.08% 35.58
総合内科は、特にメタボリックシンドロームに代表されるような生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病など)、複数の疾患をお持ちの患者さんの全身管理、原因不明の感染症など多岐にわたる疾患を多く診療しています。高齢の患者さんが多いことから誤嚥性肺炎、尿路感染症が多く、これらの感染症による入院が総合内科全体の半分近くを占めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 151 5.02 7.34 10.60% 69.54
010230xx99x00x てんかん なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 117 4.86 7.10 8.55% 58.37
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 70 17.11 18.81 71.43% 72.74
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 69 3.88 9.67 4.35% 72.42
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 64 12.38 16.13 35.94% 68.38
脳神経外科では、脳梗塞、脳出血、急性期破裂脳動脈瘤に対する治療に積極的に取り組んでいます。専用の集中治療室(SCU)を持ち重症患者さんの治療にも応えています。
脳卒中地域連携パスに則り、回復期リハビリテーション病棟を持つグループ病院と連携して、在宅復帰に向けた集中的なリハビリテーションに取り組んでいます。平均在院日数が短く転院率が高いのはそのためです。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 191 2.7 2.63 0.52% 68.87
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 79 11.42 9.79 11.39% 78.99
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 50 5.36 7.42 6.00% 69.44
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 50 6.18 5.39 2.00% 61.42
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 なし 49 6.16 7.65 2.04% 65.82
消化器内科では、食道や胃、大腸などの消化管に加え、肝臓、胆嚢、膵臓などの消化器疾患の診断や治療を行っています。当院では診断能力が高い内視鏡検査を中心に行っており、消化管出血に対する止血術やポリープ切除等の内視鏡治療も行います。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 287 21.7 25.94 62.37% 81.74
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) なし 定義副傷病なし 72 17.57 19.40 50.00% 79.22
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 あり 定義副傷病なし 52 6.63 5.94 3.85% 58.6
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 49 14.14 15.09 18.37% 75.04
160760xx97xxxx 前腕の骨折 あり 40 7.8 5.54 2.50% 65.55
整形外科では、外傷(骨折、脱臼)へのすばやい対応、股関節大腿近位骨折での人工骨頭挿入術をはじめとして関節疾患(四肢関節)への安全かつ正確な治療に特に力を入れています。リハビリテーション機能を充実させることなどにより早期退院に取り組んでいます。また回復期リハビリテーション病棟を持つグループの病院と連携することにより、在宅復帰に向けた集中的なリハビリテーションに取り組んでいます。平均在院日数が短く転院率が高いのはそのためです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 149 5.19 4.40 8.55% 73.34
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 120 3.18 3.01 2.06% 67.96
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 94 17.63 17.71 19.44% 79.21
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 49 2.68 3.15 0.00% 70.65
050070xx99000x 頻脈性不整脈 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 4.96 7.56 7.41% 75.59
循環器内科と心臓血管外科が協力して心臓血管センターとして迅速に質の高い検査や治療を行っています。急性心筋梗塞、大動脈瘤破裂、急性大動脈解離、重症不整脈などの心臓・大血管疾患は、突然に発病し急速に重篤な状態に陥りますので、どれだけ早く診断・治療ができるかが生死を分けてしまいます。当院では24時間365日体制で循環器医が常駐する体制をとっており、また12床の集中治療室にてショックや心停止などの重症患者様にも対応が可能です。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 33 4.21 4.85 3.03% 66.7
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 16.19 15.02 11.54% 72.15
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 7.31 7.13 7.69% 65.81
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 9.43 10.25 0.00% 76.76
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 17.88 15.48 0.00% 74.65
消化器外科では、消化器外科領域(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓)において、良性疾患はもとより、悪性疾患の手術を中心に診療を行っています。低侵襲な腹腔鏡下手術を積極的に導入し、進行度によっては血行再建を伴うような拡大手術に至るまで幅広く対応しております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 なし 手術・処置等1あり 36 2 2.03 0.00% 54.86
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 21.41 20.84 31.82% 82.86
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 なし 手術・処置等1なし 16 1.94 3.22 0.00% 52.56
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 15 3.27 3.34 6.67% 72.67
040200xx99x00x 気胸 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 12.46 9.11 7.69% 51.85
呼吸器内科では、睡眠時無呼吸症候群、感染性呼吸器疾患、気道閉塞性疾患、アレルギー性肺疾患、間質性肺疾患といった、気管や肺に関する疾患が対象です。睡眠時無呼吸症候群、肺炎、急性気管支炎の治療を多く行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 35 2.86 2.49 0.00% 72.8
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 17 3 2.64 0.00% 51.53
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 なし 定義副傷病なし 16 6.38 6.71 6.25% 53.13
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 15 5.33 4.22 0.00% 71.8
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 12.58 7.07 16.67% 79.58
泌尿器科では、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路系、または副腎等の内分泌系、男性生殖器系の疾患を対象としています。
当院では主に、体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)による尿路結石等の治療を行っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120250xx97x0xx 生殖・月経周期に関連する病態 あり 手術・処置等2なし 107 2.02 4.28 0.00% 46.4
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 18 4.06 6.09 0.00% 41.56
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 9 2 3.13 0.00% 40.67
120100xx02xxxx 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 7 5.43 6.57 0.00% 34.71
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 6 4.33 6.21 0.00% 39.5
婦人科では、月経痛や出血などの婦人科トラブルから子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮癌などで入院を要する患者さんまで幅広く婦人科疾患に対応しています。なかでも子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症に対して、保存的治療が無効な場合には、子宮筋腫や子宮腺筋症による過多月経に対してマイクロ波の子宮内膜アブレーション(MEA)、子宮内膜症や卵巣嚢腫に対する腹腔鏡下手術などの低侵襲治療を提供しております。平均在院日数が短いのはそのためです。
糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 重症度等85歳未満 24 13.04 13.72 4.17% 61.5
100210xxxxxxxx 低血糖症 11 3.91 6.83 9.09% 60.45
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり 重症度等85歳未満 8 13.63 15.20 12.50% 75.88
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 重症度等85歳未満 7 10.57 10.84 14.29% 67.29
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 重症度等85歳未満 7 15 14.10 0.00% 59.43
糖尿病・代謝内科では、主に糖尿病、甲状腺疾患、代謝疾患等を対象としています。当院では血糖コントロールおよび教育入院を中心に行っています。当院の糖尿病・代謝センターでは、医師のみならず10人以上の糖尿病療養指導士資格をもつ看護師・管理栄養士・薬剤師・リハビリ担当者などが常駐しており、それぞれの得意分野を活かしたチーム医療を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 12 11.25 12.55 16.67% 73.17
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 あり 手術・処置等1あり 12 44.25 61.86 83.33% 69
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 7 25.29 46.78 85.71% 71.43
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 4 2.75 4.67 0.00% 57.75
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 4 2.25 5.26 0.00% 20
形成外科では、組織の異常、変形や欠損など、全身における外表のほとんどの疾患を治療対象としています。また、高齢化や生活習慣病の急増に伴い、動脈硬化や糖尿病による足の壊疽に代表されるような難治性潰瘍・壊疽が増加してきたため、創傷全てを専門的に加療する「褥瘡(じょくそう)治療センター」として診療を行っています。特に、他施設で重症化した褥瘡患者さんを積極的に受け入れています。褥瘡の治療は手術だけでなくコ・メディカルが参加するチーム医療が不可欠です。皮膚・排泄ケア認定看護師と担当医師による定期的な褥瘡回診やNST(栄養サポートチーム)による活動が積極的に行われています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 12 18.42 23.77 8.33% 61.75
050130xx010xxx 心不全 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)等 手術・処置等1なし、1あり 5 37.4 53.33 80.00% 57
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 4 4.25 3.01 25.00% 60.5
050080xx99100x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 4 6 5.69 0.00% 60.5
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 4 29.5 38.85 50.00% 57.25
循環器内科と心臓血管外科が協力して心臓血管センターとして迅速に質の高い検査や治療を行っています。急性心筋梗塞、大動脈瘤破裂、急性大動脈解離、重症不整脈などの心臓・大血管疾患は、突然に発病し急速に重篤な状態に陥りますので、どれだけ早く診断・治療ができるかが生死を分けてしまいます。当院では24時間365日体制で循環器医が常駐する体制をとっており、また12床の集中治療室にてショックや心停止などの重症患者様にも対応が可能です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 あり 手術・処置等2なし 11 5.36 11.51 0.00% 72.91
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 13.6 31.04 40.00% 71.4
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7 9.86 14.62 28.57% 70.71
040200xx99x00x 気胸 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 7 4 9.11 14.29% 44.29
160450xx99x10x 肺・胸部気管・気管支損傷 なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし 5 4.8 10.79 20.00% 53.6
呼吸器外科では、肺癌を主とし感染症疾患の診療にも注力しています。身体に負担の少ない内視鏡手術(胸腔鏡下手術)を専門的に施行し、早期に退院・社会復帰できるよう、安全で根治性を考えた治療を心がけています。他の診療科と同様に高齢の患者さんが多い傾向にあります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110290xx97x3xx 急性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等23あり 17 15.24 37.90 41.18% 71.47
110280xx9904xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 14 12.29 14.74 21.43% 73
110280xx02x3xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等23あり 7 20.71 56.47 57.14% 76.14
110290xx99x3xx 急性腎不全 なし 手術・処置等23あり 5 14.4 20.04 60.00% 78
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 5 27 38.85 40.00% 79.2
腎臓内科では、慢性腎不全、急性腎炎、ネフローゼ症候群などの一次性腎炎、種々の原因による急性、慢性腎不全、また、糖尿病などに続発する内科的腎疾患を扱います。当院では、慢性腎不全の患者さんが他の疾患で入院された際に、主治医と連携して治療にあたっています。
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 20 9.95 10.34 10.00% 69.95
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 10 5.7 6.10 0.00% 54.6
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 あり 5 2.6 3.94 0.00% 41.2
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 3 2.67 6.48 0.00% 73
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし 2 6 8.44 0.00% 60.5
乳腺外科では、日本で増加しつつある乳癌の検診・診断・治療を行っています。当院では乳癌巡回検診等の予防医療事業にも積極的に取り組んでいます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 27 6 5 6 13 5
大腸癌 15 28 26 18 26 17
乳癌 6 15 3 6 5
肺癌 3 2 10 14 15 25
肝癌 2 4 3 4 3 19
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、肝臓癌、肺癌、乳癌のことです。癌の病期(Stage)分類にはUICC(国際対癌連合)が定めた「TNM分類」が用いられます。T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)の評価により癌の進行度と拡がりの程度を表しています。この指標では、当院が入院治療を行った5大癌のStage分類ごとの患者数を示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 40 10.28 55.83
中等症 357 17.04 80.27
重症 80 21.29 83.34
超重症 18 19.83 82.67
不明
市中肺炎は、病院外で日常生活を送っている中で発症した肺炎のことです。この指標は、「A-DROPシステム」という方法を用いて、年齢・性別、脱水症状の有無、血液中の酸素濃度、意識障害の有無、血圧等により、重症度を分類したものです。数字が大きいほど重症となります。当院では入院患者さんの年齢構成が高いこともあり、中等症の患者さんが約70%を占めています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 262 15.78 75.31 51.53%
その他 14 11.36 71.29 42.86%
「3日以内」は急性期脳梗塞を表しています。急性発症の中でも特に緊急の治療が必要な脳梗塞の患者さんが多くなっています。
急性期の脳梗塞の患者さんの多くは、脳卒中地域連携パスに則り、回復期リハビリテーション病棟を持つ同一グループ内の病院と連携をすることにより、在宅復帰に向けた集中的なリハビリテーションに取り組んでいます。平均在院日数が短く転院率が高いのはそのためです。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 220 0.96 2 0.91% 70.4
K654 内視鏡的消化管止血術 77 0.57 12.04 11.69% 73.92
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 49 1.76 10.9 20.41% 78.73
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 28 4.11 15.18 53.57% 80.07
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 25 1.52 9.36 4.00% 73.24
消化器内科では内視鏡的治療を多く行っています。
結腸ポリープ・粘膜切除術は、ポリープを早期に切除する手術です。大腸ポリープ、大腸早期癌、結腸ポリープ、などに対して行われます。
内視鏡的胆道ステント留置術、胆管にチューブを留置して内部から押し広げる手術です。良性胆管狭窄や、癌による閉塞性黄疸などに対して行われます。
内視鏡的消化管止血術は、消化管の出血部位を電気メスやレーザーなどにより止血する手術です。消化管出血のほか、消化器の癌、十二指腸潰瘍、胃穿孔、肝硬変などに対して行われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 240 2.42 16.18 49.58% 80.25
K0811 人工骨頭挿入術(股) 101 3.18 18.65 69.31% 82.3
K0462 骨折観血的手術(前腕) 72 2.26 9.99 18.06% 67.47
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 55 2.47 7.98 14.55% 60.44
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 40 1 2.63 2.50% 54.18
当院は60歳以上が約80%、70~80歳が約50%を占めており、これら高齢者が転倒などで骨折され入院となるケースが増えています。高齢者の骨折は、上肢、下肢ならびに脊椎に多く生じます。ORIFは観血的整復固定術と言い、骨折した患部をメスで切り開き(出血を伴うので観血的と言います)、骨折した部位を金属のプレートなどで固定し元通りつなぐ(整復固定と言います)手術です。人工骨頭挿入術は、下肢の大腿骨が腰の付け根の股関節で折れ、骨頭という部分が壊れたために、これを人工の物と取り替える手術です。手術をするとギプス固定で治すよりも、早く回復させることができますが、さらに早く日常生活に戻れるように術後早期からリハビリテーションを実施するので術後の日数が少し長くなっています。その後は回復期リハビリテーション病院へ転院して充実した機能訓練をして頂くなど在宅復帰を支援しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 57 1.14 12.75 22.81% 80.07
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 31 2.45 9.19 6.45% 57.13
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 26 3.15 11.62 26.92% 69.15
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 20 6.1 18.75 60.00% 63.05
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 19 5.95 9.63 15.79% 75
当院の脳神経外科では、脳疾患と脊髄疾患の診療をしています。硬膜下血腫は脳内の表面の血管から出血して血の塊ができる病気です。血の塊が徐々に大きくなると、慢性硬膜下血腫と呼ばれ、はっきりした症状が現れず認知症と間違われることが少なくありません。穿孔洗浄術は、頭蓋骨に穴を開けて血の塊を取り出し、残りかすを洗い出す手術です。我が国では古くからは整形外科医が脊髄外科を担当してきましたが、脊髄が骨組織ではなく脳髄に繋がる神経組織であることから、最近は脳神経外科医がその専門医となって担当するようになってきています。当院の脊髄外科は、そのような時代の先端を開拓していると言えます。高齢になると背骨(脊椎)の一部が突起のように膨らんで脊髄を圧迫するようになります。人によって違いがあるのですが、圧迫が強くなると手や足のしびれ感、痛み、麻痺などが進行します。脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症などと呼ばれる病気です。これらの症状が強くなって日常生活に支障が生じると椎弓切除術や椎弓形成術が必要になります。椎弓形成術は侵襲が大きく高度な技術を必要とする手術なので、在院日数が長くなっています。いずれも高齢者に頻度の高い病気です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 141 2.01 4.94 13.91% 73.74
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 68 0.77 2.51 28.07% 71.98
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 43 0.79 5.12 14.71% 74.32
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 36 1.59 5.17 6.90% 76
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 21 3.29 5.18 0.00% 69.82
循環器内科と心臓血管外科が連携をとり、心臓血管センターとして迅速に質の高い検査や治療を行っています。心臓血管外科と同じ手術が集計されているのはそのためです。経皮的冠動脈ステント留置術は、冠動脈の狭窄部を内側から拡張した後、ステントという器具を留置する手術です。狭心症、心筋梗塞、急性冠動脈症候群、などに対して行われます。経皮的シャント拡張術・血栓除去術は、血液透析患者のシャントが狭窄や閉塞により機能不全となった際に行う手術です。当院はグループ内に透析クリニックを持つこともあり、この手術を多く行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 1.48 4.72 5.00% 65.85
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 2.1 14.41 10.34% 74.69
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 0.62 3.23 0.00% 65.42
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 17 1.06 7.76 0.00% 76.65
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 13 1.85 16.85 0.00% 74
消化器外科では、低侵襲な腹腔鏡下手術を積極的に行っています。このため入院日数は短くなっています。腹腔鏡下胆嚢摘出術は、腹腔鏡下に電気メスなどを用いて胆嚢を摘出する手術です。胆嚢結石症や胆嚢ポリープに対する標準的な手術です。腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術は、鼠径部のヘルニア(臓器の腹腔外脱出)を腹腔鏡下に整復する手術です。腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術は、腹腔鏡下に結腸癌を切除する手術です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K863-3 子宮鏡下子宮内膜焼灼術 110 0.02 1.07 0.00% 46.35
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 14 0.07 3.29 0.00% 41.07
K867 子宮頸部(腟部)切除術 9 0 1 0.00% 40.67
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 7 0.14 3.14 0.00% 41.14
K863 腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術 6 1.5 3.17 0.00% 33
子宮鏡下子宮内膜焼灼術(略称:MEA)は、子宮筋腫や子宮腺筋症にともなう過多月経を治療する手術で、当院の医師が開発した画期的な治療法です。MEAは子宮摘出術の代替治療法で、皮膚をメスで切らず数分から数十分で終わります。このため入院日数が1泊2日(当日入院、術後1日目退院)と極端に短縮されています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 2.09 7.23 13.64% 71.36
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 17 0.35 1.65 0.00% 51.53
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 13 0.92 10.54 23.08% 81
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 7 2.14 10.14 0.00% 80.29
K830 精巣摘出術 5 1.4 8.4 40.00% 80.6
泌尿器科では、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路系、または副腎等の内分泌系、男性生殖器系の疾患を対象としています。
当院では主に、経尿道的尿管ステント留置術および体外衝撃波破砕装置(ESWL)による尿路結石等の治療を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 9 10 13.86 14.29% 67.57
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 4 6 43.25 75% 72.5
K553-22 左室形成術(冠動脈血行再建術(1吻合)を伴うもの) 4 6.4 20 40 55.8
K560-22ニ オープン型ステントグラフト内挿入術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(その他のもの) 4 1 33.75 50 68.2
K5601ロ 大動脈瘤切除術(人工弁置換術を伴う大動脈基部置換術) 3 4 12.6 33 61.3
循環器内科と心臓血管外科が連携をとり、心臓血管センターとして迅速に質の高い検査や治療を行っています。術前日数・術後日数とも短いのが特徴です。
当院はグループ内に複数の透析クリニックを持っているので、透析シャントに関連する手術も行っています。
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 10 0.1 4.6 0.00% 54.6
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 10 0.4 9 10.00% 67.4
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 8 0.63 8.63 12.50% 76.88
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) 5 0 1.6 0.00% 41.2
K474-2 乳管腺葉区域切除術 1 0 1 0.00% 33
当院の乳腺甲状腺外科では、乳腺悪性腫瘍手術は乳癌に対して行う手術で、乳房切除する方法で行われます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) 7 6 29.71 85.71% 76.43
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 6 3.83 36 83.33% 60.5
K333 鼻骨骨折整復固定術 4 0.25 1 0.00% 20
K016 動脈(皮)弁術 3 3.33 34.67 66.67% 81
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 2 1 1 0.00% 54.5
形成外科が中心となっている褥瘡センターでは、関係診療科が連携して褥瘡の治療を精力的に行っています。高齢者は皮膚が弱く短期間の寝たきりでも褥瘡を合併してしまいます。褥瘡の治療には、多くの日数が掛かり(在院日数が長いのは、そのためです)、さらにたくさんの手間が必要です。褥瘡は正常な皮膚が欠損して自力では治らなくなっているので、患者さん自身の健康な皮膚を移植する全層植皮術や、筋肉で補填する筋(皮)弁術を褥瘡の状態に応じて選択して治療します。褥瘡部分が感染して膿がたまったり腐敗している場合は、患部を切り取る手術(デブリードマン)を加えます。デブリードマン手術のあと患部が、全層植皮術や筋(皮)弁術の行える状態に治るまで数週間が必要です。この間は患部の治療ができる病院で、次の手術まで待機して頂くこともあります。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 22 6.32 11.5 45.45% 73.45
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 2 7.5 13 50.00% 75.5
腎臓内科では、慢性腎不全、急性腎炎、ネフローゼ症候群などの一次性腎炎、種々の原因による急性、慢性腎不全、また、糖尿病などに続発する内科的腎疾患を扱います。当院では、慢性腎不全の患者さんが他の疾患で入院された際に、主治医と連携して治療にあたっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 9 4.67 7.67 44.44% 70.78
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 5 1 2.4 0.00% 75.6
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 3 3.33 3 33.33% 39
K488-3 胸腔鏡下試験開胸術 2 0.5 1.5 0.00% 76
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 2 1 1 0.00% 68.5
呼吸器外科の手術も胸腔鏡で行われることが多く、当院でも早期の肺癌を初め多くの手術が胸腔鏡で行われています。最近まで肺の手術は、メスで皮膚を大きく切り開き胸の中へ到達していたのですが、胸腔鏡が発達して胸に小さな穴を3つあけるだけで済むようになりました。このため在院日数が極端に短縮され転院率が減って自宅へ退院する率が急増しています。肺のう胞は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の進行した場合に肺の中に生じた嚢状の構造物で、最終的には切除しか治療法がありません。胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)は、肺の悪性腫瘍により肺を部分的に切除する手術です。抗悪性腫瘍剤動注カテーテル植込3頭頚部他は、悪性腫瘍に対して抗癌剤を動脈内に注入するためのチューブを血管に留置する手術です。胸腔鏡下肺縫縮術は、胸腔鏡を使用しながら、気胸の原因となっている肺嚢胞を切除し、縫縮させる手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 9 0.17%
180010 敗血症 同一 36 0.39%
異なる 44 0.48%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 2 0.13%
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.27%
異なる 1 0.13%
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとされる感染症および合併症の発生率を示した指標です。いずれも発生率が低い方が良い状態を表します。入院契機は、元々その疾患の治療目的で入院された症例は「同一」、別の疾患の治療目的で入院していた症例(=入院後に発生した場合)には「異なる」としています。播種性血管内凝固症候群は、さまざまな重症の基礎疾患により全身の血管内に血栓が生じる病気です。敗血症は、細菌やウイルスが血液中に入って全身に回り、臓器不全などの全身症状をともなう病気です。当院での手術・術後の合併症については、水頭症の治療のためのVPシャントやLPシャントの機能不全によるもの、人工透析のためのシャントの機能不全によるもの等が多い傾向にあります。
更新履歴
2018/9/11 新規作成
2019/9/21 更新
2020/9/3  更新

医誠会病院

Tel 06-6326-1121
Fax 06-6329-6111
〒533-0022
大阪市東淀川区菅原6-2-25

ホロニクスグループ

医誠会 法人本部ホロニクスグループ広報誌 The HOLONICS バックナンバー ホロニクスグループ イメージキャラクター健康経営優良法人2020 ホワイト500に認定されました

公式アカウント

取材に関するお問い合わせは

医療法人医誠会本部
医療広報部

TEL:06-6312-2151
FAX:06-6312-2257
日本医療機能評価認定機構認定病院 ISO9001認証 卒後臨床研修評価機構認定病院 がん対策推進企業アクションJ.POSHオフィシャルパートナー