医療法人医誠会 医誠会病院
Home > 医療関係のみなさま

医療関係のみなさま

医療機関の先生方へ

総合診療センター(総合内科)

近年の医療の目覚しい進歩に伴い医師の専門化・細分化が益々進んでいます。
その反面、複数の病気を持つお年寄りやいろいろな症状を訴える患者さんの診療には必ずしも対応できていないという問題があり、特定の臓器や疾患にとらわれず全人的・包括的に患者さんを診る『総合内科』の存在が注目されています。いわゆる内科疾患を中心に、生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症)など複数の疾患をお持ちの患者さんの全身管理、原因不明の感染症など多岐にわたる疾患が守備範囲となります。今後も内科の枠にとらわれることなく各専門診療科との連携を密にとりながら広く深い視野をもって総合的な診療を目指すとともに高度の医療を提供することを目標にしています。

↑ページ先頭へ

糖尿病・代謝センター(糖尿病・代謝内科)

外来では慢性疾患である糖尿病の合併所予防・進行阻止にむけ、患者個々にたてた「年間治療計画」をもとに1年単位での合併症管理・生活指導を行っています。また、健診センター(SOPHIA)で発見された耐糖能異常者に対し、生活改善を最重点とした早期からの治療介入をしています。
入院では、多忙な現代人むけに、週末土日一泊二日の、糖尿病合併症チェックと自己管理能力向上のための短期教育入院を行ってます。救急患者が多い病院であることから、教育入院のみならず、低血糖性・高血糖性昏睡の救急入院治療を担当したり、糖尿病を合併する脳・心血管系、整形外科系救急疾患や周術期症例に対し共観での血糖管理を行っています。
症例に応じ、持続血糖モニタリング(CGM)やインスリンポンプ療法(CSII)を導入し治療しています。また、内分泌疾患の診療も扱っており、主に、バセドウ病・慢性甲状腺炎の管理、穿刺吸引細胞診を含む甲状腺腫瘍の診断といった甲状腺疾患の診断・治療、副腎疾患(偶発腫・機能性腫瘍)の診断を行っています。

↑ページ先頭へ

心臓血管センター(循環器内科・心臓血管外科)

当センターは急性心筋梗塞や急性大動脈解離、胸部や腹部大動脈瘤破裂、急性下肢動脈血栓塞栓症、シャントトラブルなど、突然に発症し、緊急に治療が必要な疾患にも、いつでも総合的に対処出来る様に循環器内科と心臓血管外科とが一体化して設立されています。したがって夜間休日を問わず24時間365日、あらゆる心臓、血管の病気に対応できる体制を取っています。さらに、心臓カテーテル検査、血管造影検査、マルチスライスCT、MRI等の検査も24時間施行可能で、迅速かつ正確な診断が行える様な体制を取り、疾患、病態に応じて内科的治療や冠動脈形成術、あるいは緊急心臓血管外科手術など最適な治療を最適なタイミングで行えるようにしています。また疾患によっては腎臓内科、脳神経外科、放射線科とリアルタイムでコンサルトしあう事により総合的な治療を迅速に施行可能な体制で患者さんの治療にあたっております。

↑ページ先頭へ

循環器内科

心臓血管外科teamと朝、夕必ず合同で回診を行い、常に心臓血管センターteamで患者さんのリアルタイムの状態を把握しあい、刻々と変化する患者さんの容態に対応する様にしています。 冠動脈形成術では、ロータブレータ―、DCA等々のデバイスを使用し冠動脈の複雑病変への加療も積極的に行っております。冠動脈に限らず下肢血管病変に対しても積極的にカテーテル治療を始めとする低侵襲治療を行っております。さらにICU12ベッド、HCU12ベッドと緊急で重篤な患者さんの積極的な加療をスムーズに施行するための体制を取っています。

心臓血管外科

特に心臓弁膜症疾患に対する外科治療はMICS(低侵襲小切開下)の心臓手術をルーチンに施行しています。これは原則5cm前後のみの小さい皮膚切開を用いて、弁形成術または弁置換術、不整脈手術を行い患者さんの早期社会復帰を実現化しています。
冠動脈バイパス手術では、積極的に動脈グラフトを使用しさらに四肢の血管採取の際は、3cm前後の小さい皮膚切開のみで施行することで、早期の機能回復を実現しています。 重症心不全症例に対する左室形成術も積極的に施行しております。左室形成術や様々な心臓治療を同時に施行する場合、胸骨正中切開(胸骨縦切開)での標準的な皮膚切開での心臓手術になりますが、この場合でも特殊な胸骨の強固な固定法により手術翌日より両上肢挙上や咳嗽が可能で、深呼吸の妨げになるバストバンド等は一切使用していません。同手法は疼痛による運動制限が少なく、患者さんの早期社会復帰に間違いなく寄与しています。 さらに、貧血のない患者さんには積極的に術前自己血貯血を施行し、約80%の患者さんで無輸血手術(他人の血液を一切使用しないで行う心臓手術)を実現し、皆様にご好評をいただいております。

心臓リハビリテーションteam

ICU、HCUに入室された当日より積極的にリハビリテーションteamも参加しています。また外科治療施行前の外来通院時や入院直後よりリハビリteamが介入することにより合併症予防に努めています。当院は理学療法士36名、作業療法士12名、言語聴覚士11名と病院ベッド数に比し膨大なリハビリ技師数を有し、心臓血管センターの患者さんの早期社会復帰のための心臓リハビリテーションを積極的に行っております。外来通院リハビリテーションも可能で、退院後のより速い社会復帰へのお手伝いや心疾患発症予防のための心臓リハビリテーションを行っております。

↑ページ先頭へ

呼吸器センター(呼吸器外科、呼吸器内科)

呼吸器外科1名、呼吸器内科2名の体制で、肺癌、自然気胸、縦隔腫瘍、膿胸、喘息、肺炎、肺化膿症、非結核性抗酸菌症、肺気腫、間質性肺炎、呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群など、呼吸器疾患全般にわたり、幅広く対応しております。また慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法や禁煙外来などにも行っています。患者さんの生活背景も考慮した最適な治療法の選択、安全で身体に負担の少ない低侵襲手術(胸腔鏡下手術)を心がけております。入院期間の短縮、早期に社会復帰できるよう患者様の負担を減らし、高度な医療の提供に努めております。

↑ページ先頭へ

消化器内科/内視鏡センター

↑ページ先頭へ

消化器外科センター

消化器外科領域の対象疾患は、消化器癌、炎症性疾患、急性腹症など多岐にわたります。PET-CTをはじめとする最新の医療機器を備えている当院の特徴を利用して、正確な診断のもと治療を行うよう心がけています。癌治療ガイドラインに沿った標準的な治療だけでなく患者さんの病状に応じたオーダーメイドの治療を提供できるように準備しています。毎週木曜日に消化器カンファレンスを消化器内科・内視鏡センター・放射線治療科・放射線科・看護師・検査技師参加の上、検討を行い、連携をとりながら、その総合力で治療にあたります。そして手術療法を柱とした化学療法・放射線療法・IVRなどを組み合わせた治療を行っています。また、木曜14時30分から5A病棟でカンファレンス・病棟回診を行い、コメディカルと協力しながら診療にあたっています。
近年、消化器癌手術は腹腔鏡手術の導入で術式が大きく変化しています。当科においても消化器癌に対する腹腔鏡手術を積極的に導入しており、結腸切除術を始め幽門側胃切除術、胃全摘術・直腸低位前方切除術・肝切除術なども行っております。特に大腸癌では、現在70%以上の症例に対し腹腔鏡下手術を行っております。鏡視下手術は低侵襲手術であるため在院日数が短縮でき、疼痛コントロールや美容面でも優れています。胆石症、虫垂炎などの良性疾患に対しては単孔式腹腔鏡手術(臍部を3cmほど切開して行う手術で傷はほとんど残りません)を推奨術式としております。

↑ページ先頭へ

乳腺・内分泌外科

増加する乳がんに対して、的確にがんの特徴を見極め、病状や患者さん側の要望に合わせた個別化治療を進めていきます。
また、甲状腺の病気の検査や外科的治療も行っています。

↑ページ先頭へ

婦人科

腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)などを中心とした低侵襲手術による婦人科疾患の治療を行っています。腹腔鏡下手術は3~4カ所の5mmあるいは12mmの創部から腹腔鏡手術用の器具を挿入し、モニター画面を見ながら行う手術で、おもに子宮筋腫や卵巣腫瘍、子宮内膜症などの婦人科良性疾患を対象として、腹腔鏡下子宮全摘術、腹腔鏡下筋腫核出術、卵巣腫瘍摘出術、子宮内膜症病巣除去術などを行っています。子宮鏡下手術は子宮鏡下に高周波電極を使用して子宮腔内に突出した粘膜下筋腫や内膜ポリープ切除をする手術であり、子宮機能を温存する低侵襲手術として行っています。MEAは過多月経による貧血症に対して、子宮内膜組織にマイクロ波を照射して壊死させる治療であり、子宮筋腫や腺筋症に伴う過多月経にたいしても子宮摘出術の代替治療法として積極的に施行し、適応を拡大しているところです。常勤医2名(うち日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医1名)で、上記の低侵襲治療に加えて開腹手術/腟式手術を含む標準的な婦人科治療を安定して提供しております。

↑ページ先頭へ

整形外科

一般外傷、関節の変性疾患を中心に治療を行っております。地域の要請にこたえるべく3次症例を除き、救急患者を断らない方針で診療にあたります。
骨折治療に対してはしっかりとした整復固定を心がけ、患者さんの早期社会復帰を目指しております。
また年々増加傾向にある大腿骨近位部骨折に対しては年間300例以上の手術を行っており準緊急での手術を行うべく各コメディカルと協力して、素早い対応を心がけております。
人工関節手術と人工骨頭挿入術は前方アプローチ(DAA)で行っており、低侵襲手術により術後早期の回復を目指しております。変形性膝関節症に対しては、プレカットによるTKAを行い術後の患者満足度の向上に努めております。

↑ページ先頭へ

脳卒中センター

2名の脳神経血管内治療専門医、5名の脳卒中認定医を含む、7名の脳神経外科医が診療を担当し、救急での超急性期治療から外来での慢性期一般脳神経外科加療までを日夜行っております。脳神経外科の担当診療領域の多くは脳卒中治療になりますが、当科では各医師が神経血管内治療(カテーテル治療)領域、脊椎脊髄領域、腫瘍領域などの専門領域知識も有しており、カンファレンスなどを通じての情報共有しチーム医療を行うことで、非常に広範な神経関連領域の多数の患者様に常時一貫して高度医療を提供しています。
脳卒中センターの管轄する脳卒中ケア・ユニット:SCU は6床あり、脳卒中認定医、看護師、言語・作業・理学療法師、専属薬剤師など各有資格スタッフが有機的に常時連携し、国内最高水準の高度な脳卒中急性期治療を行っております。同ユニットにて24時間体制で都度変化する脳卒中急性期病状に的確な診断と治療を行い、神経障害による二次的合併症に逐次対応することで早期のリハビリテーションへの移行を実現しています。結果として、例年大阪市内だけではなく北摂領域に於いて有数の脳卒中対応件数を誇り、近隣の脳卒中対応病院からも急性期手術加療目的でのご紹介(主にカテーテルでの治療の依頼)を頂いております。
脳神経外科手術時は先ずは手術対応必須の状態かを厳密に判断し、その必要時は安全面を担保しながら積極的に脳血管内治療(カテーテルによる所謂『切らない』治療)を適応しています。脳血管内治療には最も重要な治療診断機器である同時2方向撮影可能な脳血管撮影装置は最新のものが配備されており、ステント併用コイル塞栓術などの最新の脳血管内治療手技・機器の知識を導入することで、最先端の血管内治療を行っております(急性期の脳血管内治療は国内保険診療認可の全治療手段が常時可能です)。このことから、血管内治療ないし直達術で治療可能な疾患に於いては、年々前者で治療が完結する症例の割合が多くなってきています。

↑ページ先頭へ

脊椎脊髄センター

日本脊髄外科学会指導医2人、認定医1人が常勤で週1回外来と週3回の手術を行っていますが、日本脊椎脊髄病学会指導医1人(米延医師)も週1回外来を担当して適宜手術に参加しています。週1回の脊椎脊髄カンファレンスで神経外科、整形外科の両方の視点で検討し、個々の症例について適切な治療方針を選択しています。
手術用顕微鏡、経皮的内視鏡システム、手術用ルーペのいずれかを用いて微細な手術を行うことが多く、必要あればナビゲーションやモニタリングシステムも併用して、困難な手術でもできる限り安全に手術を行うようにしています。PELDやXLIFは大阪大学脳神経外科の関連施設の中でも当センターしか行えず、関連施設からの症例の受け入れも行っています。頭蓋頚椎移行部から頚椎、胸腰椎にいたる後方神経除圧術やインストゥルメントによる後方固定術、頚椎前方固定術(OPLLに対する椎体亜全摘も含む)だけでなく、心臓血管外科や胸部外科のバックアップをもらいながら胸椎・腰椎の前方固定術も行っています。このような術式のバリエーションから骨粗鬆症性椎体骨折による遅発性脊髄麻痺や化膿性脊椎炎などの難しい症例も他施設から受け入れて治療を行っています。
理学療法では脊椎疾患専門のスタッフ4人が中心となって、保存的治療の症例や術後症例の外来通院および入院リハビリテーションを担当しています。

↑ページ先頭へ

泌尿器科

現在は尿路結石症に対して早期の治療を目指してPFC(プロセスフローチャート)を用いて術前管理を行っています。痛みが起きた段階から治療までの間隔を短くすることと、誰が診ても同じ手順でESWL または保存的療法の治療の選択が素早くできるようにしています。
また、腎癌・前立腺癌・膀胱癌・精巣癌の治療にも力を入れており、手術療法やすべての薬物療法を行うようにしています。

↑ページ先頭へ

腎臓内科

↑ページ先頭へ

形成・美容外科

当院形成外科は、「形成外科・美容外科」を標榜し、保険診療と自費診療の2つの診療を行っています。構成は常勤医師2名であるが、非常勤では、関西医科大学形成外科教授楠本健司医師の応援をいただいている。広範な形成外科領域の中で、特に潰瘍、褥瘡、外傷、熱傷、フットケアに力を入れています。
また美容外科の分野においては、皮膚レーザー治療の領域で症例を担当し、機能的および、外見的に社会生活の質(QOL)を向上させることを目標に治療を行っています。
尚当院は、形成外科学会認定施設です。

↑ページ先頭へ

放射線科

放射線診断機器として一般撮影装置以外に、MDCT 2台(64ch、64ch)、MRI 2台(3.0T、1.5T)、TV 2台、血管造影装置 2台(心臓、頭腹部)、PET-CT 1台を備え、迅速に検査・治療ができる体制になっています。

↑ページ先頭へ

放射線治療科

1) 放射線治療科の特徴

放射線治療はがん治療の主要な柱の一つです。
放射線治療は機能と形態温存が可能であり、大部分は痛くも熱くもなく治療できます。ただし、がんと同時に正常組織も照射されるため、ある程度の障害を伴う場合があります。放射線治療単独はもとより、手術や化学療法の併用療法としても、様々な部位での治療に貢献しています。高齢化社会の到来に伴いご高齢のがん患者さんは増加してきており、この方々に対して身体に優しい放射線治療が選択されます。

2) 放射線治療が必要な時:

  1. 術後の再発予防(術後照射)。‐‐‐早期乳がんetc. 
  2. 手術をしたがとり切れず。その部分を放射線で充分治療し、手術で完全にとれたと同じ効果にしたい。
  3. 手術前に照射し、がんを弱らせて手術する(術前照射)。
  4. 手術でもよいが、放射線でも同じ位治る時で、まず放射線で治療する。‐‐‐子宮頚がん、喉頭がん、皮膚がん、舌がんetc.
  5. 手術より放射線治療のほうがよく治るから放射線治療をする。‐‐‐悪性リンパ種etc.
  6. 治すことは困難だが、疼痛・呼吸困難・嚥下障害・麻痺の予防・その他の苦痛を軽減する。
       80%位の奏効率が期待できます。‐‐‐QOL(生活の質)の改善、緩和ケアに欠かせない。
  7. 手術不能の時、及び手術後の再発時。
  8. その他併用療法として使用。‐‐‐化学療法等に併用etc.

↑ページ先頭へ

麻酔科

当科は、主に手術室における、全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、伝達麻酔を担当しています。夜間緊急においても全身麻酔は全症例を麻酔科医が担当すべく、24時間365日待機しています。ICU日勤業務およびHCU日勤・当直業務を他科と分担して行っています。

↑ページ先頭へ

救急医療センター(救急診療科)

救急及び脳神経外科・循環器科の専門医を中心に24時間365日の体制で、救急疾患の初期診断と治療を行っています。
センターの専門医師により、全ての救急搬送・独歩患者に対して初期診療(診断・初期治療)を行います。また、独歩患者には救急外来看護師・救命救急士がトリアージを行い、緊急性の有無を判断し、緊急性があると判断されれば、救急車で来院の患者同様、専門医師の診察を受けることになります。
 初期診療後、入院が必要な患者は、全て専門担当科に振り分け連携を図っています。

↑ページ先頭へ

病理検査センター

手術や生検、各種検体の病理検査に対応しています。平成30年4月より2名体制となり、充実した病理検査ができるようになりました。

↑ページ先頭へ

臨床検査科

検査医の指導の下、総勢35名体制で、採血に始まり、検体検査や輸血検査、超音波を始めとする生理検査、内視鏡センター、病理センター、健診センター(人間ドックSOPHIA)、大阪医誠会がん治療クリニック、透析クリニックなど様々な場所と分野で活躍しています。
また、24時間365日の救急医療に対応するため、通常勤務に加えて日当直2人体制で運営しています。 『信頼性の高い検査データーを迅速に臨床の場に提供する』をモットーにそれぞれの分野に精通した臨床検査技師が担当しています。

↑ページ先頭へ

人間ドックSOPHIA・医誠会健診センター・医誠会出張健診センター

先進医療の診断学を積極的に取り入れた検査  基本コースに加えた豊富なオプション検査

再検査から治療までホロニクスグループでトータルサポート(料金は保険診療となります)

↑ページ先頭へ

医誠会病院について Tel 06-6326-1121 〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-2-25 メールでのご連絡はこちら メールでのご連絡はこちら 交通案内・地図はこちら
ホロニクスグループ 医誠会病院はホロニクスグループの病院です
ホロニクスグループはTotal Health Care Serviceを通して常に新しい文化を発信しています ホロニクスグループ 在宅医療ホロニクスグループ 介護老人保健施設ホロニクスグループ 透析クリニック ホロニクスグループ ホロニクスグループ 病院