理念・方針
医誠会病院 医師募集サイト > 専門研修医 募集要項 > 消化器内科 専門研修医の募集

消化器内科 専門研修医の募集

消化器内科 概要

今日の医療技術は飛躍的な進歩をとげ、非常に高度なレベルの診断・治療が求められる時代になりました。
消化器内科は、対象となる臓器の多さから、一般的な症例から珍しい症例まで、疾患が多岐にわたり幅広く対応する知識・技術が必要です。上記を踏まえ、当院のプログラムでは、消化器内科領域全般にわたる幅広い診療知識・専門的な技術を習得した上で、専門医として一人立ちできるようになることを目標としています。また当院は日本内科学会認定教育関連施設であるため、研修期間中に認定内科医を取得することを目指します。

消化器内科 スタッフ

福知 工 日本消化管学会胃腸科認定医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会学会評議員
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器病学会総会・大会学会評議員
日本内科学会認定内科医
古賀 英彬 日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本内科学会認定内科医
片岡 康雄 日本内科学会認定医

研修の目標

3年目

消化器疾患全般の病態生理・診療知識・治療手技を習得する。腹部超音波検査を単独で検査施行が可能になることを、上部消化管内視鏡検査は年200例を経験することを目標とする。下部消化管内視鏡検査、ERCPなどの検査・手技における助手を務めることで、その手順や術前後の対応を学習する。日本内科学会認定内科医資格の取得に必要な症例等を研修する。

4年目

上部内視鏡検査は年300例を、新たに下部消化管内視鏡検査を年約50例経験することを目標とする。外来診療にも加わり、症状・理学的所見から適正な検査のオーダー、診断、治療を行う。また、その検査の目的や方法、合併症について、患者さんやご家族へインフォームドコンセントができるようになる。

5年目

臨床研究の立案・発表を自ら行うことができる能力を身に付け、初期臨床研修医、ジュニアレジデントの指導を行う。消化器悪性疾患の診断・治療ができる。
上部内視鏡、下部内視鏡の他、ERCP、EMRを単独で施行する。

症例数

平成25年度 年間検査症例数 約6,700件

上部消化管内視鏡検査 5,356件
大腸内視鏡検査 1,371件
ESD 25件
ERCP 189件

カンファレンス

消化器科カンファレンス(消化器外科、放射線科と合同) 毎週火曜日

医療設備

胃内視鏡、経鼻内視鏡、側視鏡、超音波内視鏡、大腸内視鏡、小腸内視鏡 、カプセル内視鏡、洗浄器

応募方法

お問い合わせ・ご応募については、お気軽にお電話またはメールフォームにてご連絡ください。

ページの先頭へ