メインコンテンツにスキップ - Skip to main content

皮膚科

Dermatology

ご挨拶

医誠会国際総合病院 皮膚科

皮膚科は良性の炎症によるものから悪性腫瘍(皮膚がん)まで、皮膚と脂肪組織など皮下の組織に生じる疾患全般を取り扱う診療科です。治りにくい皮膚疾患も少なくありませんが、生物学的製剤など各種の新薬の開発によってこれらの難治な皮膚疾患の治療も急速に進歩してきています。

当科ではありふれた皮膚疾患から難治のものまで適切に診断し、一般的な治療法から新規薬剤を用いた最新の治療まで行っています。また、「皮膚は全身の窓」と言われ、様々な内臓全身疾患の部分症状として皮膚症状が出現することがあります。こういった場合では他の数多くの診療科と連携して、患者の皆様の個々に適する医療をご提案していきます。

一方、従来わが国では比較的まれだった皮膚がんは、高齢者人口の増加もあって近年急激に増加しています。当科では皮膚がん治療に対して豊富な知識と実績を持つ医師によって、外科的手術から最新の免疫療法まで、世界水準の診療をご提案することができます。

診療科の特徴

医誠会国際総合病院 皮膚科

良性皮膚腫瘍をはじめとする小手術から顔面の皮膚癌やリンパ節転移例の郭清術など、全身麻酔や再建を必要とする重症例まで全範囲の皮膚外科疾患を積極的に受け入れしています。

皮膚悪性腫瘍の経験豊富な皮膚悪性腫瘍分野指導医、形成外科専門医が常在しており、診断や治療に難渋する症例も受け入れております。センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清術、顔面の皮膚悪性腫瘍などすべての手術に対応しており、他院での術後再発例も受け入れております。また、皮膚悪性腫瘍の集学的治療についても最新の知見に合わせて提供しています。

アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、尋常性白斑、帯状疱疹、下腿潰瘍など多岐にわたる皮膚疾患に対応しております。
標準治療の抵抗性のアトピー性皮膚炎や蕁麻疹に対する生物学的製剤や急速進行性の円形脱毛症、尋常性白斑に対するステロイドパルス療法も行っております。

接触皮膚炎や歯科金属に対するパッチテストも承っております。

各種レーザー治療(乳児血管腫や単純性血管腫、太田母斑など)を行っております。乳児血管腫に対するヘマンジオルシロップ内服療法にも対応しております(入院での治療となります)。

陥入爪や爪甲鉤彎症などの爪疾患の診察(ワイヤー治療など一部の治療は自費となります)も行っております。また、爪乾癬、爪扁平苔癬などの診断に必要な爪生検も承っております。

リンパ浮腫に対する診断、治療も行っております。リンパ浮腫保険診療医とリンパ浮腫療法士の在籍する施設であり、保険診療におけるリンパシンチグラフィ―による病期診断やリンパ管静脈吻合術に加え、リンパ浮腫療法士によるリンパドレナージュ(自費)も行っております。

皮膚疾患は難治性であったり、診断がなかなかつかない疾患もあります。治療に迷っておられる方なども寄り添いながら対応させて頂きますので、まずはお気軽にご相談ください。

主な疾患

皮膚がん(悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病、メルケル細胞癌、皮膚悪性リンパ腫、ボーエン病など)
アトピー性皮膚炎、薬疹、接触皮膚炎、膠原病 など

治療

皮膚がん治療全般(センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清術、顔面の再建など)、色素レーザー(V beam)、Qスイッチルビーレーザー、ヘマンジオルシロップ内服療法、陥入爪に対するマチワイヤー、リンパ管静脈吻合術
尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎などに対する生物学的製剤治療

皮膚科光線療法

皮膚科光線療法

紫外線(エキシマ光)による皮膚疾患の治療

紫外線の免疫抑制力作用を利用して、過剰反応をおこしている皮膚の症状を沈静化させる治療法です。紫外線を患部に照射して処置します。

適応疾患

尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・白斑・アトピー性皮膚炎・円形脱毛症・類乾癬・菌状息肉腫・悪性リンパ腫・慢性苔癬状粃糠疹

治療回数・期間の目安

週1-2回の照射で10回目から効果が出始め20~30回程度が目安とされています。

治療費

保険適用の場合は1回約1,000円です(3割負担の場合)。その他診察料や処方せん料などがかかります。

  • アトピー性皮膚炎の治りにくい部位 ⇒ かゆみを減らす、硬さが減る
  • 尋常性白斑に対する治療 ⇒ 白い部分に色素の再生をもたらす
  • 尋常性乾癬の治りにくい部位 ⇒ 硬さ・赤み・かゆみを減らす
  • 掌蹠膿疱症 ⇒ 水疱や膿疱が出にくくなる

医師紹介

爲政 大幾 ISEI TAIKI
爲政 大幾
  • 診療副院長
  • 皮膚科 主任部長
  • 日本皮膚科学会 皮膚科専門医
  • 日本皮膚科学会 皮膚悪性腫瘍指導専門医
  • 日本臨床皮膚外科学会 理事
  • NPO 法人皮膚オンコロジー若手教育機関 副理事長
  • 大阪国際がんセンター 特別研究員
主な経歴
  • 1983 年関西医科大学卒業
  • 1983 年関西医科大学皮膚科学教室 研究医員
  • 1987 年ドイツ連邦共和国キール大学皮膚科 客員研究員
  • 1990 年関西医科大学皮膚科学教室 助手
  • 1996 年関西医科大学皮膚科学教室 講師
  • 2007 年3 月関西医科大学皮膚科学講座 准教授
  • 2014 年9 月大阪医療センター皮膚科 科長
  • 2016 年10 月大阪府立成人病センター腫瘍皮膚科 主任部長
  • 2017 年3 月大阪国際がんセンター腫瘍皮膚科 主任部長
  • 2023 年5 月医誠会病院皮膚科 主任部長
  • 2023 年10 月医誠会国際総合病院皮膚科 主任部長
水田 栄樹 MIZUTA HARUKI
水田 栄樹
  • 皮膚科 副部長
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 臨床皮膚外科学会 専門医
  • リンパ浮腫保険診療医
  • 弾性ストッキングコンダクター
  • 難病指定医

外来スケジュール

午前 9:00~12:00(受付8:00-11:30)/
午後 13:30~16:30(受付13:00-16:00)

午前 1診 水田 爲政 池田 池田 爲政
2診 非常勤 笹岡 非常勤
笹岡・門口
水田
午後 3診
4診 処置外来 処置外来 処置外来

お知らせ

2024/04/15
皮膚科光線療法について
2024/04/02
医師紹介外来スケジュールを更新しました
2024/03/11
診療科の特徴皮膚腫瘍センター医師紹介を更新しました
2024/02/16
ご挨拶診療科の特徴を更新しました