メインコンテンツにスキップ - Skip to main content

脊椎脊髄外科

Spine Surgery

診療科の特徴

脳手術と同様に顕微鏡を用いた低侵襲手術

当院では脳神経外科医が首から腰まで脊椎・脊髄外科の診療を担当しています。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など代表的な脊椎疾患による手足の痛み、しびれや筋力の低下は脊髄神経が圧迫されることが原因で生じます。よって、これらの疾患に対する外科手術の目的は脊髄神経の圧迫を取り除くことです。

頸椎から腰椎まで全脊椎と脊髄の手術を行っています

腰椎 腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離(すべり)症など
頸椎 頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎後縱靱帯骨化症、頸椎すべり症など
胸椎 胸椎後縱靱帯骨化症、胸椎黄色靱帯骨化症、胸椎椎間板ヘルニアなど
全脊椎 脊髄腫瘍、脊髄空洞症など
脊髄 脊髄動静脈奇形

取り扱う疾患

  • 脊椎外科
  • 腰椎ヘルニア
  • ヘルニコアによる治療
  • 内視鏡ヘルニア除圧(PELD)
  • 固定術(XLIF PLIF)
  • 末梢神経
  • 手根管症候群
  • 肘部管症候群

外来スケジュール

午前 9:00~12:00(受付は11:30まで)/
午後 13:30~16:30(受付は16:00まで)

午後 米延