医療法人医誠会 医誠会病院
Home > 診療部門のご紹介 > 薬剤部

薬剤部

当院の病院理念である「先進的で高度・良質な医療の提供による健康生活の回復と豊かな生命の創造」を目標に、「薬剤」を通じて最新・最善の医療情報の提供に努めています。
感染制御チーム、栄養サポートチームなどチーム医療を求められる中、薬剤師の主たる業務である医薬品の適正使用と安全管理、副作用の早期発見、処方設計の支援などに対し、強い意識を持って業務を遂行しています。
6年生薬学実務実習にも対応し、これからの薬剤師の育成にも貢献しています。

薬剤師紹介

資格 日本医療薬学会認定薬剤師、薬物療法指導薬剤師、認定実務実習指導薬剤師、POS医療認定士取得

各学会認定薬剤師

業績

研究発表

2017年

2016年

2015年

2014年

雑誌掲載

2014年

院内活動

業務内容

調剤業務

医師が指示した処方内容が適正であるかを確認してから調剤を行っています。また、錠剤を1回の服用時点ごとにパックするなど患者さん一人一人に適した形で調剤しています。
注射薬は、患者さん個人ごとにセットして病棟に払い出しています。
オーダリングシステムとそれに連動する調剤支援システムにより、薬袋、散薬薬包紙、錠剤分包紙、および注射薬ラベルに患者さん氏名や服用時点、薬品名などを印字し、医療安全の向上を図っています。

水薬調剤 軟薬調剤 外来窓口 注射調剤室

病棟業務

入院されている患者さんのベットサイドへ伺い、薬の効果や服用方法、副作用や注意事項などを説明しています。また、患者さんからの質問やご相談にも対応させて頂き、薬の副作用が起こらず、薬による治療が効果的に実施されるように努めています。入院時には持参された薬を確認し、患者さんがどのような薬を飲まれていたかを医師へ情報提供し、当院での代替薬の提案をしています。また、持参された薬がいつまであるのかなど患者さんの服薬状況を確認し、薬の飲み合わせや重複投与などのリスク回避を行っています。
すべての病棟に専任の薬剤師を配置しており、医療スタッフや患者さんの問い合わせに直ぐに対応することができ、患者さんへの薬の説明を行うだけでなく、医師、看護師などと連携し、チーム医療の一員として薬剤師の立場から適切な投与方法などを提案しています。

抗がん薬調製業務

ケモミキシング抗がん薬を用いた化学療法は、医師と協力し、化学療法による治療計画(レジメン)を検討しています。
患者さんへ投与される際には、処方内容が適正であるかを確認し、患者さんへの品質の保たれた抗がん薬の提供と、病院職員の健康を守る(薬剤の曝露を回避)ために、安全キャビネットの中で抗がん薬を無菌的に調製しています。

医薬品管理業務

院内で使われる医薬品を購入し、各部署へ供給しています。また、品質の管理と適正な在庫量となるように数量管理を行っています。
医薬品はヒトの生命、健康にかかわるものであり、その取り扱いについては、多くの法律に規定されています。これらの法律を遵守し、院内で使われる医薬品が適正に管理され、供給、使用されるようにしています。
薬事委員会の一員として適正な薬剤の選定にも関与しています。また、院内で使用する薬剤のコンピュータ管理(マスタ管理)とメンテナンスを行っています。

医薬品情報業務

医薬品の情報収集、解析、評価、管理をしています。
医薬品に関するトピックス的な情報を院内メールなどで、医師、看護師などの職員に情報伝達しています。
医師、看護師、患者さんなどからの医薬品に関する種々の問い合わせへの対応を行っています。

チーム医療

感染制御チーム、栄養サポートチーム、褥瘡ケアチームに参加し、医師や看護師などのスタッフと共に週1回病棟ラウンドを行っています。院内の各委員会にも参加し、チーム医療の一員として、特に医薬品に関することでは薬剤師としての専門性を活かして取り組んでいます。また、糖尿病教室や公開医学講座にも携わっています。
医療安全管理委員会、感染防止対策委員会、栄養サポートチーム運営委員会、化学療法検討委員会、院内救急対応システム(RRS)、クリニカルパス委員会、輸血療法委員会、患者サービス委員会 など

医誠会病院について Tel 06-6326-1121 〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-2-25 メールでのご連絡はこちら メールでのご連絡はこちら 交通案内・地図はこちら
ホロニクスグループ 医誠会病院はホロニクスグループの病院です
ホロニクスグループはTotal Health Care Serviceを通して常に新しい文化を発信しています ホロニクスグループ 在宅医療ホロニクスグループ 介護老人保健施設ホロニクスグループ 透析クリニック ホロニクスグループ ホロニクスグループ 病院