理念・方針
医誠会病院 医師募集サイト >医誠会病院の臨床研修の特徴

医誠会病院の臨床研修の特徴

1.救急部門の指導体制が充実している

救急部門研修では、救急診療科(救急外来(ER)、ICU)か、救命救急科(救急外来(ER)、緊急手術、ICU、入院患者管理)より選択が可能です。それぞれの常勤医師数は、救急診療科5名、救命救急科5名の10名体制です。当院には、他科の医師含め救急専門医が9名所属しています

臨床研修医向け講義・カンファレンス

2.豊富な症例・手技を経験できる

研修医が積極的に症例・手技経験を積み、成長できる環境があります。
現在の研修医数は8名(2年次 2名、1年次 2名、大阪市立大たすき掛け4名)です。少人数である利点を生かし、研修診療科につき同年次の研修医を1名までとし、優先的に症例経験を積むことができます。

臨床研修医向け講義・カンファレンス

研修医の感想

挿管や麻酔を積極的に行うことができ、手技に自身がつきました。
他の市中病院や大学病院で研修を受けている同期よりも多くの手技を身に付けることができました。

3.希望通りの研修ローテートを組む事ができる

研修医は、1年次の臨床研修が始まる1ヵ月前の3月初旬に「研修希望診療科に関するアンケート」に記入することで、自身で研修を希望する診療科を決定することができます。2年次については、1年次の冬(1~2月頃)に研修診療科を決定します。研修診療科の変更についても当該診療科の研修開始1ヵ月前までに申請書を提出すれば可能としています。

臨床研修医向け講義・カンファレンス

研修医の感想

研修開始時、将来は内科系の診療科に進むことを希望していました。1年次の必修の内科系研修で循環器内科に興味を持ったので、後期は循環器内科で研修したいと考えました。

臨床研修医向け講義・カンファレンス

臨床研修医向け講義・カンファレンス

研修医の感想

消化器外科に興味があります。外科認定医を早く取得できるよう初期研修時からより多くの症例を集めたいと考えています。

臨床研修医向け講義・カンファレンス

ページの先頭へ